Close
ha16s2

高取土佐町並み

 古墳時代から飛鳥時代の貴重な遺跡が残る高取町。『日本書紀』には612年に推古天皇が“ くすりがり”に訪れたとある。1400年以上経った今もなお、清々しい空気と豊かな緑に満ち、訪れる人をじんわりと癒してくれる「くすりの町」だ。

 6~7世紀、飛鳥の都が造営される折には各地の人がたずさわった。帰郷叶わず、この地に根を下ろした人々もいたという。町に残る土佐、吉備、薩摩の地名は、彼らの望郷の想い。ここはまた、飛鳥の都と吉野離宮とをつなぐところでもあった。天武天皇、持統天皇は峠を越え、幾度となく都と離宮を行き来したと紀は伝える。

 石畳が美しい土佐街道。日本三大山城と称えられた高取城の城下町風情が、かつての町の様子を醸し出し、今ある町の魅力を香り高くしている。

 この道を中心として、春には「町家の雛めぐり」、秋には「町家の案山子めぐり」が開催される。住まう人たちが、自分たちにできることを持ち寄り、訪れる人たちをもてなし交流する。これがすごい熱量なのだ。

 その「町家の案山子めぐり」と同じ期間、高取町で初めての「はならぁと」を開催する。人と場がギュッと凝縮して起こる顛末に注目してほしい。


はならぁと 2016 こあ
開催エリアまちづくり団体:天の川実行委員会
開催日程 : 10月1日(土)- 10月31日(月)10:00-16:00 入場無料
– キュレーター : 遠藤 水城  – 同時開催 :第8回 町家の案山子めぐり

 

遠藤水城
はならぁと こあ「人の集い」

キュレーター 遠藤水城

2009年、「福岡アジア美術トリエンナーレ」協力キュレーター。「ヨコハマ国際映像祭2009」キュレーター。2011年、「曽根裕展:Perfect Moment」(東京オペラシティアートギャラリー)ゲストキュレーター。現在、「東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス」エグゼクティブ・ディレクター。
 
※遠藤さんからの「人の集い」についてのテキストは「はならぁと公式ガイドブック」に掲載しております。

アーティスト

 

こあイベント

捩子ぴじん 公演

開催日時:10/22(土)、23(日)、29(土)、30(日)
会  場:高取土佐エリア内各所

捩子ぴじん
2000年から04年まで大駱駝艦に所属し、麿赤兒に師事する。
舞踏で培われた身体性を元に、自身の体に微視的なアプローチをしたソロダンスや、体を物質的に扱った振付作品を発表する。

ツアー

Image 116
キュレーターによるガイドツアー

開催日時:10/10(月・祝)14:00-15:30
ガイド :遠藤 水城
集合場所:インフォメーション(下土佐公民館別館)前
予  約:不要

Image 117
アートってなんだろう?子ども限定ツアー

開催日時:10/16(日)14:00-15:30
ガイド :はならぁと事務局
集合場所:インフォメーション(下土佐公民館別館)前
予  約:不要

地域連携企画

meguri
第8回 町家の案山子めぐり

日時:10/1(土) -10/31(月)
   10:00-16:00
主催:天の川実行委員会


akari
高取の四季と灯り

企画:奈良大学総合社会学科
会場:夢創館 2階

ガイドブック巻末ふろくの持ち込み企画を計画中です。


takatori_map